岡山市北区の整形外科・外科・リハビリテーション科なら、和氣整形外科・外科

整形外科

当院周辺には学校が多いこともあり、スポーツ障害(靭帯断裂・肉離れ・野球肩・テニス肘など)で来院される学生の方が多くいらっしゃるほか、肩・腰・膝などの関節の痛みやねんざ・骨折など、幅広い整形外科疾患の診療に対応しています。

当院では、痛みの原因をなるべく根本から改善できるよう、「日本整形外科学会認定整形外科専門医」の院長が理学療法士と連携しながらリハビリテーションを中心とした治療を行います。また、必要に応じて投薬治療やブロック注射などを行う場合もあります。

「スポーツの大会前に身体を痛めてしまった」「なんだか肩や腰の調子が悪い」などありましたら、なるべく早めにご相談いただければと思います。

スポーツ障害

スポーツ中に起こる靭帯断裂や肉離れなどのケガはもちろん、肘や手首、肩、膝などの関節の痛みに対応しています。特に野球肩やテニス肘といった競技特有のスポーツ障害では、「なぜそこに負荷がかかっているのか」、「その負荷がどこからきているのか」を見極めることが重要です。そのため、まずは患者さんの全身を診察してから、局所を診ることを基本としています。痛みが起こる原因を見極めたうえで、リハビリテーションや投薬治療を行い、根本的な改善を目指します。
「スポーツの大会が近いのにケガをしてしまった」という方も来院されます。大会に向けて練習をしてきている方も多いので、当院では、できる限りの治療や痛みのケアをしながら、患者さんが大会に出られる状態になるように努力いたします。

また、「どのような状態になれば練習を再開しても大丈夫か」と疑問を持たれている方もいらっしゃいますので、当院では、「ストレッチや負荷がかかる動きをしたときに痛みを感じることなく、スムーズに動かせることを目安にしてください」とお話ししています。

肩・腰・膝の痛み

姿勢が悪いと肩や腰、膝などの関節に負荷がかかり、痛みが生じます。特にご高齢の方は前のめりの姿勢になりがちなので、身体のバランスが崩れ、腰や膝に負担がかかっているケースが多くみられます。また、患者さん自身が姿勢の悪さに気づいていないこともあるので、診察でどこが悪いのか、なぜ痛みが起こるのかを見極め、リハビリテーションで負荷のかからない姿勢に改善していけるように指導いたします。
関節の痛みを根本から改善していくためには、日頃からストレッチなどを行い、身体のメンテナンスをしてあげることが大切です。当院では、患者さんご自身で身体のメンテナンスを行えるように、しっかりとリハビリテーションの指導をいたします。また、定期的な通院で患者さんが間違ったやり方をしていないかなどを確認することも、改善する上で大切になります。痛みの改善に向けて一緒に頑張っていきましょう。

ねんざ・骨折

ねんざや骨折の不安を訴えて来院された際は、まずレントゲン検査で状態を確認します。ただし、靭帯の異常や骨の細かいひび、肋骨の骨折、小児の不全骨折などはレントゲンで確認することが難しいため、超音波検査を行います。また、MRIやCT検査が必要な場合は、近隣の岡山済生会総合病院などにご紹介し、検査後は当院で治療やケアを行うことも可能です。